ABOUT

ワークスタイル研究所は、
働き方を問い、実践するThink and Do Tankです。

かつて日本の企業では、「職場環境」は会社が考えるものでした。
終身雇用というシステムによって定年までの仕事が保証され、
自社以外の働き方を知る必要のない人も少なくありませんでした。

一方、現代は多くの人にとって、場所を問わずに仕事ができる時代です。
「職場」や「労働」の概念も変わり、
組織に縛られない働き方を推奨する企業も数多くあります。

働くことが、会社の管轄から「個人」にも委ねられている今、
当研究所では、思考の射程を「はたらく」から「まなぶ」「くらす」まで
柔軟に広げていきながら、世のワーカーを触発しつづけていきます。

MEMBERS

山下正太郎 Shotaro Yamashita
コクヨ株式会社に入社後、戦略的ワークスタイル実現のためのコンサルティング業務に従事。手がけた複数の企業が「日経ニューオフィス賞(経済産業大臣賞、クリエイティブオフィス賞など)」を受賞。2011年、グローバルでの働き方とオフィス環境のメディア『WORKSIGHT』を創刊。同年、未来の働き方を考える研究機関「WORKSIGHT LAB.(現ワークスタイル研究所)」を立上げる。2016〜2017年、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート ヘレン・ハムリン・センター・フォー・デザイン 客員研究員、2019年より、京都工芸繊維大学 特任准教授を兼任。2020年、パーソナルプロジェクトとして、グローバルでの働き方の動向を伝えるキュレーションニュースレター『MeThreee』創刊。同年、黒鳥社とのメディア+リサーチユニット『コクヨ野外学習センター』を発足。
金森裕樹 Yuki Kanamori
営業、マーケティング部門を経て2012年より現職。働くしくみと空間をつくるマガジンWORSIGHT(ワークサイト)の編集を担当し、海外の先端ワークプレイスのリサーチを担当する。ワークサイトの取材で得られた知見やトレンドを発信するセミナーをシンガポール・バンコク・クアラルンプールなどアジア7都市にて定期的に実施。2019年にワークプレイス・コンサルティングを専門で教えるIE School of Architecture & Designの修士課程を修了。「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」の著者、リンダ・グラットン教授が組織するグローバル企業の働き方研究会Future of Workコンソーシアムに参画。海外の研究機関や企業と多数の接点を持つ。
田中康寛 Yasuhiro Tanaka
2013年コクヨ株式会社入社。オフィス家具の商品企画・マーケティングを担当した後、2016年より働き方の研究・コンサルティング活動に従事。国内外のワークスタイルリサーチ、ワーカーの価値観調査などに携わっている。