なんか変化ワークスタイルけんきゅうしょ

ナビを開くボタン
Q.身長順にならぶと?
Q.KOKUYOの勤続年数は?
Q.通勤時間は何分?
Q.1日に飲むコーヒーは何杯?
Q.上司に怒られた回数は(年間平均)?

Member研究メンバー紹介

若原 強
所長

若原 強 | わかはら つよし

東京大学大学院 工学系研究科修了。SIer、経営コンサルティングファーム、ブランドコンサルティングファームを経て、「ビジネス×クリエイティブ×テクノロジー」という横断型の活動領域を確立。2010年には経済産業省とクールジャパン室(現:クリエイティブ産業課)を立上げ、「Cool Japan」発足の礎を築く。
2011年コクヨ株式会社入社。社内マーケティング改革、アジアフラッグシップショールーム構築、オフィスレイアウト自動化システム構築等を経て現職。「知っているとやったことがあるは大違い」を行動原理とし、実証実験に基づいた新しい働き方・暮らし方の創出、およびそれを支えるプロダクト・サービス開発に従事。

齋藤 敦子
主幹研究員

齋藤 敦子 | さいとう あつこ

多摩美術大学立体デザイン科卒業後、コクヨ東京設計部にてワークプレイスのプランニングおよびデザイン、働き方のコンサルティング業務に従事。その後、研究および新規事業開発部門にFA異動し、未来の働き方と働く環境についての研究およびコンセプト開発を行う。主にイノベーションプロセスや共創の場についての研究を行うと同時に、渋谷ヒカリエのCreative Lounge MOV等、具体的プロジェクトも担当。場のデザインをライフワークに、現場と研究をつなげることがモットー。一般社団法人フューチャーセンター・アライアンス・ジャパン理事。公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会 調査研究委員、ワークプレイスの知的生産性研究部会 部会長など兼務。

山下 正太郎
主幹研究員 / WORKSIGHT編集長

山下 正太郎 | やました しょうたろう

コクヨ株式会社入社後、戦略的ワークスタイル実現のためのコンサルティング業務に従事し、手がけた企業が「日経ニューオフィス賞<経済産業大臣賞>」などを受賞。2011年に次世代の働き方とワークプレイスをテーマとしたメディア『WORKSIGHT』を創刊。2016年より、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA:英国王立芸術学院) ヘレン・ハムリン・センター・フォー・デザインの客員研究員を兼任、グローバルで展開される働き方/働く環境の新たな潮流について研究を続けている。

リサーチコーディネーター

金森 裕樹 | かなもり ゆうき

リサーチャー

樋口 美由紀 | ひぐち みゆき

リサーチャー

大橋 真人 | おおはし まこと

リサーチャー

田中 康寛 | たなか やすひろ

共同研究や取材などはこちらからお問い合わせください

お問い合わせはこちら